<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SEARCH
LINK
TAGS
技術者 (3) , IT (2) , SR (1) , 組込み (1) , 社会的責任 (1) , BCP (1) , システム (1) , BCM (1) , マンマシン (1) , ソフトウェアはハードウェアのおまけ (1) , オフショア (1) , アセンブラ (1) , 性能 (1) , 事業継続計画と管理 (1) , 品質 (1) , ミッション (1) , コンプライアンス (1) , 共有 (1) , 職場環境 (1) , 悲しみ (1) , 誇り (1) , (1) , IT技術者 (1) , 改善 (1) , 心のケア (1) , 経営環境 (1) , コーポレートガバナンス (1) , ICT (1) , 若い技術者 (1) , 学生 (1) , リスクマネジメント (1) ,
ARCHIVES
OHERS
我がシステム・ソフトウェア人生より
NPO法人ITプロ技術者機構 小西洋三

◇はじめに
言語はアセンブラという初期のコンピュータ時代、総合電機メーカに就職し、それ以来、システム・ソフトウェアに関わってきました。この「我がシステム・ソフトウェア人生」を振り返り、何か役に立つことはないものかと、以下のようにまとめて見ました。

◇高度成長神話
企業に勤務し始めた1970年頃は、高度成長期の真只中であり、いくつかの成長神話が生まれていました。例えば、カラーテレビが、売れに売れて、出荷を待つトラックが、広大な敷地の工場の周り1周を越えたと言う話がありました。
その後、家電品などは価格競争が始まり、付加価値の低い製品から、海外へ移転するようになりました。今、このような高度成長神話はありませんが、当時の家電品の大幅な利益により、コンピュータ関連への投資を受けることができ、今日のIT産業隆盛のきっかけになったと言われたものです。

◇ソフトウェアはハードウェアのおまけ
1970年頃のコンピュータ業界では、ソフトウェアはハードウェアの「おまけ」扱いでした。ハードウェアと一体で価格設定がなされていたからです。このためか、当時ソフトウェア開発部隊の独立性は低く、バグつぶしで徹夜の続く中、密かに「ソフトウェア独自で価格設定すべき」と同僚と話しあったものです。
その後、ソフトウェア独自での価格設定が始まり、ソフトウェアだけの会社、いわゆる「ソフトウェアハウス」が続々生れ、今日に至っています。いまは当たり前ですが、昔の悲哀を知るものにとっては隔世の感がします。

◇オフショアのはしり
(1)1970年頃、早くも我が職場では中国・韓国からの研修生を受け入れました。彼らは、猛烈に仕事をし、勉強していた記憶があります。そのとき、いずれは彼らが、「自国のソフトウェア産業を背負うようになるのでは」と密かに思ったものです。
(2)その後、1995年頃、今で言う「オフショア」の初体験をしました。担当の同僚の話では、ある技術系アプリケーション・ソフトウェアの開発に当り、国内のソフトウェアハウスでは、与えられた予算をはるかに超えた額のところ、中国人(博士含む)を雇ったソフトウェアハウスが、大幅な安値で受注に応じてくれたそうです。この会社は、中国に住むプログラマーを使って開発するとのことでした。一方で、専門用語の誤解があるなど言葉の壁に苦しんだようです。

◇技術力
1975年頃、コンピュータ導入による社内の合理化システムを次々と成功させた技術者と出会うことができました。彼の持論は「技術力は、投資額に比例する」というものでした。これに近いもので、「金のあるところに技術が集まる」という話も聞いたことがあります。これに対して「黎明期だから言える」などの異論があると思いますが、一面の真理をついていると思います。

◇まとめ
歴史的にみると、コンピュータ・プログラムから始まり、ソフトウェア、システムという用語がよく使われた後、インターネットの登場で、ITないしはICTという用語が、比較的よく使われるようになりました。
人間の英知をコンピュータに乗せることで成り立つIT産業は、この英知が続く限り、上昇が続くと予想されます。とは言え、それだけIT産業に参入する企業が増え、IT技術者も増えるので競争は激しくなってきます。しかも黎明期には許された試行錯誤が、いまは許されず、厳しい開発環境にあるようです。又発展途上国の技術力が向上し、コストの関係で、IT開発について国際的分担の機会が増えています。従って、これからのIT技術力は、開発の分担方法や資源の配分方法及び技術の共有方法によって、左右されるような気がします。

(2008年8月)
  • (2008-08-17 23:37:42)
システムのミッションを考えよう
NPO法人ITプロ技術者機構理事  木村  稔

◇開発システムには使命がある
 システムの要件定義や設計を行う場合に、ただ与えられた条件で行った場合には、後からしっぺ返しを食う場合が多々あります。一歩踏み込んでユーザの立場でそのシステムに与えられたミッションを考えて開発を行うことが重要になります。ミッションはピーク時の処理件数確保であったり、超信頼性であったり、とにかく安く作ることであったり、システムにより様々だと思われます。もちろんそのシステムの種類や適用される業種や業務の特徴を考慮することは言うまでもありません。

◇処理性能がミッションの例
 筆者が携わってきた新聞制作システムの例で言いますと、新聞産業はピーク産業であり、新聞は物として印刷・運搬・配達しなければならず、そのためには、降版時間という締切時間を設けてぎりぎりまで最新のニュースを待って一挙に高速処理するシステムが必要となります。
 もう三十年以上も前の話ですが、組上がった新聞のゲラを確認する大刷りシステムの開発に際して、1頁の出力を2分以内にせよとのミッションをユーザから与えられました。当時はメインメモリも小さいため、文字発生頻度により仮名などはメモリに、残りの内字はROMの文字発生装置、外字は磁気ディスクに収容し、一番時間が掛かる文字イメージの展開部分はプログラムの命令レベルで最速化を図ることによりどうにか1分半で出力することが出来ました。
 また、それとは別の紙面イメージを全国の印刷工場に送るシステムでは、当時の紙面伝送受信装置は途中で止めることが出来ず、システムからの送信データが途絶えると空白が書かれてしまい、フィルム1枚が無駄になってしまうため、9回線分を同時に途切れることなくデータを送り続けるミッションがありました。そのためにデータ圧縮装置などの開発や新磁気ディスクの前倒し開発などとともにミニコンのバス性能も考慮した設計を行い、クリアしました。

◇マンマシンの操作性とレスポンスがミッションの例
 新聞紙面を編集・レイアウトして一面を組み上げる組版システムでは、整理記者と言われる編集者が活字時代から行われているその新聞社特有の複雑な組版のルールに従って操作する必要があり、高度な操作性と締切間際の急な組み替えに対応するための高速なレスポンスがミッションになります。そのために膨大なソフトの開発と高速な端末が必要となります。

◇最後は品質と性能
 大変となったシステム開発においては、まずとにかく動くようにシステム品質の向上が図られ、ある程度目処が付いてくると性能対策が図られるのがよくある一般的なパターンのようです。性能が問題にされるようになるとやっとここまで来たかと感じ入ることもあるようですが、性能が出ないために上位のマシンに置き換えたり、ソフトの一部を作り替えたり大変な労力が掛かる場合もあります。やはり上流工程の設計時にそのシステムのミッションを良く理解し、手を打っておくことが特に次代を担う若い技術者に求められます。

(2008年6月15日)
  • (2008-06-12 23:59:40)
組込み物語り
2008 年5 月
NPO法人ITプロ技術者機構 小峰史郎

◇目に見えないコンピュータ


 みなさんは身の回りのコンピュータを数えたことがありますか?パソコンだけがコンピュータではありません。電卓はもちろんデジカメやテレビ、ビデオなどのデジタル機器にはマイクロプロセッサという小さなコンピュータが使われています。家庭にあるガスの検診メータにもマイクロプロセッサが入っていて安全装置を兼ねた大切な働きをしています。自動車に乗れば、カーナビ、エンジンの制御などに多くの小さなコンピュータが使われています。こうしたマウスもキーボードもないけれど、目に見えないところで働くコンピュータが組込み計算機です。

◇いつから組み込まれたのか?


 デジカメやカーナビと言うと新しい技術のようですが、組込み計算機はコンピュータの歴史といっしょに発達したともいえます。コンピュータが今のように誰でも手軽に使える道具になったのは比較的最近のことで、ずっと「複雑すぎる」とか「非人間的で馴染めない」などと言われたものでした。(文献1)初期のコンピュータは人を月に送るとか、原子炉を制御するというような人にできないことに多く使われたのだから無理もありません。そうした技術は、航空機、鉄道、電力、通信など社会の隅々で使われ、ひとつ間違えば大きな社会問題にもなりかねない縁の下の力持ちとして発展してきました。

◇相手は現実の世界


 組込み計算機の相手はロケットだったりロボットだったりいつも現実の世界です。リアルな世界とリアルタイムで対話する組込み計算機から見れば銀行のATMを使う人間も現実の対象です。そうした組込み機器の設計はハード、ソフトの垣根を越えてシステムの細かい動作を緻密に作り込んでいく仕事だからこそ、人とコンピュータの両方の気持ちを理解し想像することが大切です。プログラミングができるだけではなく、電機、機械、通信、制御から人間工学まで幅広い分野に関心を持ち注意を払う技術者が必要とされるのも相手が現実の世界であればこそでしょう。

◇ささやかな喜び


 神社や仏閣を建立した人が名を残すことはあってもそこで働いた職人の名前が残らないのに似て、組込み機器の技術者が賞賛されることはありません。それでも自分の手がけたシステムがひっそりと働き続けて世の中を支えているという自負があります。それは、教え子が立派に成長して社会の一員になったときの先生の喜びにも通じるように思えるのです。そうした無形の報酬を次世代の技術者も手にして欲しいと願っています。

参考文献:
Ed Post Real Programmers Don’t Use PASCAL  Tektronix Inc. 1982

  • (2008-05-07 00:51:21)
最近のICTを取巻く経営環境の一考察について-ITプロの役割
2008 年4 月
NPO法人ITプロ技術者機構理事 黒澤 兵夫

最近、企業や組織の不祥事が相次ぎ、連日マスコミをにぎわせています。経営者は、不祥事を未然に防ぐための内部統制のフレームワークの強化や新たなシステム造りを急ぐ必要があります。経営者は、経営者自らと従業員に対して、法令遵守/コンプライアンスを徹底させ、ミスや不具合を監視でき、有れば素早く改善可能な体制を構築し統制を行うことが、企業や組織の不祥事を未然に防ぐ効果をもたらすのです。企業の内部統制のポイントは、次の4事項です。

(1) コーポレートガバナンス
(2) コンプライアンス
(3) リスクマネジメント
(4) 事業継続計画と管理(BCP/BCM)と社会的責任(SR)

注)BCP;Business Continuing Plan BCM;Business Continuing Management
  SR;Social Responsibility

現在、企業や組織のICT への依存度が益々高くなっています。このICT をベースライインにして、上記の4項目を達成することが、経営者に課せられた最小限の任務です。この他に、企業や組織を取巻く経営環境に関連する事項は、多々あります。企業や組織のICT と関連する主要な事項を図に示します。

注)ICT;Information and Communication Technology

我々IT プロは、企業や組織の経営者に対して、これ等の各事項のソルーションシステムの提
案や研修/Work-shop を開催していきます。

注)CG;Corporate Governance DR;Disaster Recovery

map.GIF

図 最近の企業や組織のICTをベースラインにした経営環境
(図をクリックすると、拡大します)
  • (2008-04-15 23:09:42)
学生や若い技術者に身につけて欲しいこと
NPO法人ITプロ技術者機構 山戸 昭三

◆もっと自己分析し、自分の価値判断を持つ


 最近、大学院で学生に講義をする機会が多い。産業界から日本の高度IT人材を養成するためにさまざまな講師を派遣している。ある講義のなかで学生に聞いてみた。「あなたは、どのような分野のどのような専門家または技術者になろうとしていますか?」私の期待した回答は、「自分は~~が得意なので~~したい」、「将来、~~になる夢があるので~~をしたい」、または「私は、このような人生を過ごしたい。だから~~のような生き方を大切にしたい」としいうものであった。ところが、学生からの回答には、「システム開発におけるエンジニアになりたい」とか「最初は、システム開発をやりたい、早く上流工程のところをやりたい、その後PMになり、ITコンサルタントになりたい」といった回答が多かった。期待はずれだったのは、自己分析の部分が少なかったからである。自分自身のキャリア・アンカー(こだわりたい生き方)がどのようなところにあるのかを、じっくり考えて欲しかった。今の学生は幸せだと思う。いろいろな企業情報がインターネットやさまざまなメディアでいくらでも収集できるし、企業から講師がやってきて手取り足取り知識や考え方を教えてくれる。しかし学生は、情報過剰気味であり、知っているようで意外に薄っぺらなことが多い。誰かが考えたことをそのまま自分の考えとして思いこんでいることがある。本当の自分の興味、能力、こだわりたいところは何かを、考えるのは最後の最後は、自分自身しかいない。好きこそものの上手なれ、将来の夢とやりたいことがマッチングすれば、のびのびと仕事ができて、3Kとか7KといわれるIT産業も社会的使命の高い面白い産業になるのではないか。もっとも、それでもおかしな職場もある。そのような職場は、自分の将来像と照らして間違っていると判断すれば転職しても良い。この場合にも、自分が何にこだわって生きているのかということは大切な判断基準になる。

◆自分の活動を分析し評価する


 上記の高度IT人材育成プログラムでは、学生が研究課題を発表する機会が多く作られている。発表には、結構慣れている。しかし、内容的に見ると研究活動を淡々と述べているような発表が多い。聞いている人は、事実を単に聞きたいと言うことではなく、その研究活動から何をどのように学び取ったのか、その研究の社会的な意義は何なのか、成果物を創り出すプロセスをどのように分析し評価しているのか、などを聞きたいのである。研究中に、その観点でデータを蓄積しておらず、持っていたとしても、それがまとめられていないことが多い。説明の順序も、時系列的にあれをした、これをした、こうなった、という話し方ではなく、テーマ、背景、研究の価値を話した上で、マネジメントプロセスとプロダクトプロセスを分けて話すなどの、聞き手を意識した説明をするよう心がけなければならない。

(2008.3.15)
  • (2008-04-05 00:27:44)
1 | 2